大阪にある人気の和装前撮りスタジオを教えます!

ロケーション編

前撮りロケーション撮影をすることを決めたら、次に確認しておきたいことは、成約後から当日までに準備しておきたいことを確認しておくといいでしょう。
まずは撮影当日に向けてどんなものを準備しておくべきか紹介しますね。

撮影当日に向けての準備

成約後は楽しみの一つでもある衣装選びを始め、ヘアメイクやアクセサリー小物の選択・確認、そして撮影後のアルバム作成や撮影カットのデータ受け渡しなどの細かい点も決めていきます
衣装選びは各スタジオにある衣装アルバムなどをみて決めることがほとんどですが、衣装の置き場などに余裕のあるスタジオでは実物を見ながら選ぶことも出来ます。
また、店舗によっては試着などもさせてくれるところもあります。試着が出来る場合は必ず試着をして、自分のイメージを膨らませましょう

アルバムを作成する予定であれば、チェックしておきたいのはアルバムのページ数、カット数でしょうか。
ページが増えるほど金額がUPしてしまうのは仕方ないのですが、撮影当日の状態次第ではあれもこれもと、アルバムに掲載したい点数が増えてしまうことはザラです。
もちろん、撮影後に決めることも可能ですが、どのようなアルバムが用意されているのかは、事前に確認しておきましょう。

前撮りロケーション撮影当日の流れ

※選択したプラン、ロケーション地によっても内容は変わりますのでご注意くださいね。

新婦の支度(メイク&着付け)
事前に衣装やメイクを決めておくことで、当日は新婦の支度がスムーズに運ぶようにします。
新郎の支度
新婦ほど時間はかかりません。新郎のヘアメイクは無料のところも、有料のところもありますので必ず確認をしましょう。
基本的には簡単なメイクであれば無料でやってくれるところがほとんどのようです。
ロケ地へ移動
二人の準備が整ったら、希望のロケーション場所へ移動します。
ロケーション撮影開始
衣装チェンジがある場合は途中でチェンジ
ロケ地が複数ある場合は移動して各ロケ地で撮影を続けます。
撮影終了
時間がある場合は、この後で撮影した写真の確認を行い、アルバムに取り込むカットを選びます。時間がない場合はまた後日になります。

ロケで撮ってみたいポーズやシチュエーション

自然の中での撮影だからこそ出来るポーズや、恥ずかしいけどやってみたいシチュエーション、カメラアングルも調べておくと、撮影の際に便利です。
特にロケ地では太陽の光を浴びて寝ころぶ姿を撮りたいとか、木の下で木漏れ日と一緒に写して欲しいとか、スタジオでは出来ない写真を撮るチャンスですよ。
二人がジャンプしているところ、夕日を背景にして二人のシルエットだけ写っている、なんていうのも、良く見る写真ですが、素敵ですよね。
小道具を使って…例えばシャボン玉で遊んでいるとか、和傘を使って相合傘でなんていうのも、二人の仲の良さを引き立てそうではないですか
恥ずかしがらず、ここは自分たちもプロデューサーになったつもりで撮影を楽しみましょう