大阪にある人気の和装前撮りスタジオを教えます!

写真うつりをアップさせるには?

まずは、和装を際立たせる美しい立ち方・歩き方についてご紹介しますね。

和装での立ち方の基本は、つま先を内股にして足を八の字にすることです。そして膝を少し曲げて、重心を低い位置で固定します。
この体勢は洋服でやってみるとおかしく感じるかもしれませんが、和装になった場合では胸元が一番美しく見える姿なんですよ

写真を撮る際は左肩にある着物の模様をカメラ側に向け、身体を斜めにすると、ちょうど身体が細く見える角度になります。
つま先は自然に内側に向け、ひざを添わせて後ろ足に重心をおきましょう。

立ちポーズ以外のアドバイス

前撮り当日にはカメラマンさんのアドバイスがあると思いますが、ちょっとしたコツさえマスターしておけば、スナップを撮る際にも役に立ちますよ。

  • 歩く場合
    歩く場合は歩幅をいつも以上に狭めにして、「しずしず」といった具合で。頭の高さが上下動しないように、ゆっくりと足を踏み出して歩きましょう。
  • 振袖を着る場合
    綺麗な振袖をより引き立たせるのが、帯の存在です。写真を撮る際は「帯」を見せポーズも忘れずに撮影しておくことをお勧めします。
    この際は、身体を斜めに傾けて写真に横顔が入るようにすると、顔が小顔に写りますよ。
  • 椅子座ったポーズを撮る場合
    椅子に浅めに腰をかけ、背筋をピンと伸ばして座りましょう。膝から下はやや斜めに下げると、品良く見えます。
    この際のポーズも、基本は着物の左肩の柄をカメラに見せて座ることです。椅子には浅めに腰をかけると、自然と背筋が伸びますよ。
    また、足は膝頭を10cmくらい離すと、着物の正面の柄が全部見え、せっかくの着物も写真に残すことができます。手は膝の上でそっと重ねましょう。

基本的にはこの3つのポーズをマスターしておけば完璧なんですが、普段着物を着ないから、「しずしず」なんて歩かないって方も多いと思います。
そんなときは、やっぱり和装の前撮りを専門に撮影してくれる腕の良いカメラマンにお任せするのが一番
ちなみに私が撮影したスタジオは「スタジオTVB」さんです。
ここなら、希望のポーズやシチュエーションも対応してもらえるんです
スタジオTVBさんのホームページをチェックしてみるといいですよ。