大阪にある人気の和装前撮りスタジオを教えます!

写真撮影前に知りたい!白無垢の着こなし術

和装ウェディングときいて思い浮かぶのは、やっぱり白無垢ですよね。前撮りの衣装として人気が高く、ウェディングドレスに並ぶ定番といったイメージです。けれど、「どうやって着こなしたらいいの?」という方も多いと思います。そこでこのページでは、写真を撮る前に知っておきたい、白無垢のメイクや髪型についてまとめてみました。

白無垢写真をキレイに見せるメイクと髪型

「ウェディングドレスはひとりひとりの好みに合わせて、メイクや髪型を変えられるけれど、白無垢はどうなんだろう?」という疑問をお持ちではないでしょうか。
無垢をキレイに見せるためのメイクと髪型を紹介するので、写真撮影を考えている方は、ぜひ参考にしてくださいね

  • メイク

ドレスとは違い、白無垢のメイクにはきちんとした形式があります。

「水化粧」と呼ばれる伝統的なメイクで、おしろいを使い顔、首、襟、手を白めに仕上げます。顔よりも首と襟を白く仕上げるのがポイント。

現代は肌を真っ白にするメイクが一般的ではないので、抵抗を感じる方は、事前にスタッフに伝えておきましょう。ファンデーションを使って白さを和らげることもできます。

眉はゆるやかなカーブを描く「笹眉」に仕上げます。アイシャドウはピンク系のものを使い、アイラインはくっきりと描いて切れ長な印象に。

唇は赤が定番です。抵抗がある方はスタッフと相談して薄めの色にしてもいいのですが、鮮やかな色のリップが白無垢によく映えるのでオススメです。

「本当にきれいになれるかしら? 似合うかどうか心配」という方は、メイクリハーサルを受けましょう。本番の写真撮影の前に一度体験しておくことで、調整したい部分を確認できます。

  • 髪型

白無垢を着る時はかつらを被るイメージがありますが、近年は洋髪でも良いようです。髪をアップでまとめて、花飾りをプラスすることが多いのだとか。

「洋髪にしたいけど、綿帽子を被りたい!」という方も大丈夫。髪型に合わせて、綿帽子がズレないようにセットしてくれます。また、洋髪によく似合う、オーガンジー素材の綿帽子を用意してくれる写真館も。「綿帽子から透けて見える花飾りがキレイ!」と両親や親族から好評だそうです。

また、髪型は洋髪なのに、きっちりとした水化粧…となると違和感があるので、メイクもナチュラルに仕上げてくれるそうですよ。白っぽいメイクに抵抗がある方は、洋髪を選んでもいいかもしれません。

伝統的なスタイルでの撮影も、現代風なスタイルでの撮影も魅力的。好みの着こなしで、ステキな写真が撮れるといいですね。